浄瑠璃寺・岩船寺

横線

京都のはずれ、奈良に近い「浄瑠璃寺・岩船寺」周辺は、

田園風景が残り侘びた風情が訪れる者を静寂の世界へと誘い込む。

春は観光客でにぎわうが、訪れる人も少なく穴場。まずは「浄瑠璃時」へ。

伽藍配置はちんまりしているが、名庭や名健築、

秘仏の数々は一見の価値がある。

境内の国宝・三重の塔周辺を彩る紅葉は、真っ赤に染まり筆舌しがたい美しさ、

宝池の水面に揺らめく紅葉に、時の経つのも忘れる。

「吉祥天女像」(重文)も開扉中でした。厨子の扉が開けられるのは、年に三回だけ。

このお寺は、まず東の薬師仏に苦悩の救済を願い、

振り返って池越しに彼岸の阿弥陀仏に来迎を願うのが本来の礼拝の形だそうです。

「岩船寺」へはハイキング気分で30分ほどでした。

途中「当尾の石仏」が迎えてくれました。

目にも心にも豊かな時を刻んでくれた旅はいつもとは違う京の秋を発見できました。

横線

【日程】2001年11月27日〜11月29日

【11月27日】
新横浜(8:20発) → 京都 (10:45着)→ 奈良(11:30着 京阪電車)→バス(30分)

→浄瑠璃寺(バス停)歩いて → 岩船寺 

→ 浄瑠璃寺(バス停) バスの本数が少なく待ち時間が長く、4時ごろのバスでした。 

薬師仏三重の塔
薬師仏三重の塔

薬師仏三重の塔
薬師仏三重の塔

モミジの紅葉
モミジの紅葉

モミジの紅葉
モミジの紅葉

モミジの紅葉
モミジの紅葉

本道
本堂

池ふちの紅葉
紅葉

池ふちの紅葉
紅葉

石仏
石仏

岩船寺
岩船寺

岩船寺
岩船寺
等持院へ