角屋すみや

角谷 玄関
"角屋"
"玄関"

角屋
島原は我国最初の花街で、当初は二条柳場に開かれ、その後六条三筋町に移転し、さらに寛永18年(1641)移転騒動が、 当事の九州で起こった島原の乱に似ていたことから島原と呼ばれている。 島原には、揚屋と、置屋があり、揚屋は太夫、芸子などを一切かかえず、置屋から太夫等を呼んで宴会を催す場である。 この角屋は島原開基以来連綿と家督を維持守成してきた揚屋である。角屋の建物は 揚屋建築唯一の遺構として昭和27年国の重要文化財に指定された。 また、絵などは応挙・蕪村など、当時一流の画人の作品で特に蕪村の「紅白梅図」の大作は重要文化財に指定されている。 江戸中期の島原には、俳檀が形成されており、中でも角屋の六代目、七代目の当主は蕪村を師として、俳檀の中核として 活躍していた。幕末には、西郷隆盛、久坂玄瑞などの勤玉志士たちが運用金調達のため時の豪商を角屋へ招いて会談を 行ったところであり、また彼等を探し求めた新撰組が乱舞した場所でもあった。 このように角屋は、江戸時代の社交遊宴文化の場であった揚屋文化の余香を今に伝える。

揚屋建築
揚屋建築は饗宴のための施設ということから、大座敷に面した広庭に必ずお茶席を配することともにお茶の座席と同規模の台所を供えている ことを特徴としている。揚屋は宝暦年間(1751〜64)に江戸の吉原では完全に消滅し、明治五年(1872)まで存続したのは京都の島原と大阪の新町のみであった。

台所 柱と紋
"台所"
"大黒柱(54センチ)と紋"
照明かさ たらい
"照明器具「八方」といい灯心を種油に浸して
明かりをとる"
"西郷隆盛が行水したたらい"
十代目日記 庭の松
"十代目日記"
"庭の松"

角屋2へ